代表取締役 兼 インフラエンジニア

益子 健一

2018年 会社設立

お客様へ提供する
「付加価値」
を常に考え続けて仕事をする

CHAPTER 01. PRIZEALを立ち上げた理由

頑張る人が馬鹿を見る会社はいやだな、と(笑)

会社が大きければ大きいほど、縦型の組織になりますし、なかなか1人1人の社員の頑張りまで見てくれないんですよね。さらに、良くも悪くも昔ながらの文化が根付いている会社だと、上司や、力を持っている人、人事の決定権がある人に気に入られないと、評価されない。それもまた、サラリーマンには大切なスキルだとは思うのですが、もうそんな時代じゃない。(笑)

そして、評価されないことについて、飲んだくれて愚痴を言い合う時間も楽しいですが、そこに時間とお金を使い過ぎるのも、ちょっと勿体ない。(笑)

会社のために本当に命を削って頑張っている人が評価されず、大して頑張っていないのに、声が大きい人や、目立つ人等、アピールが上手いだけの人が評価される会社って、全然面白くない。

会社の土台を支えている社員をちゃんと評価したい。

頑張っている人をちゃんと評価したい。

頑張っている人を応援したい。

頑張る人をしっかりと評価して、皆で頑張って、楽しく前向きに成長していける一つのチームのような会社にしたい。そう思い、PRIZEALを立ち上げました。

CHAPTER 02. 仕事をする上で我々が大切にしていること

お客様へ提供する
「付加価値」
を常に考え続けて仕事をする

仕事をする上で、誰がやっても同じ内容、結果しか出せないとなると、お客様からすれば、仕事を依頼する相手が「あなた」である必要がないんです。

そうなってくると、何かきっかけがあった際に、お客様は、別の会社や、他の人でもいいや、と仕事を失ってしまう。もし、経済が不況に陥った際、仕事が減って、限られた会社、人にしか仕事を依頼できなくなった場合、当然、ただ平坦な、言われたことしかしない人よりも、ひと工夫したり、気が利く等、仕事を発注して気持ちがいい会社、人にお願いしますよね。

自分だけにしかできないこと。

ほんの少しだけでもいい、他の人にはない、自分だけがお客様へ提供できる付加価値はないか?と常に考え続けることが大切。

それは、心遣いだったり、一言付け加えるだけだったり、でいいんです。少しでもお客様にとってプラスになることはないか、と。「あなた達だから、仕事をお願いしているんだよ」言って頂ける状態を意識しています。

「お客様へどう付加価値を提供するか、を常に考えて仕事をしろ」

これは私が社会人1年目の頃、先輩から教えてもらった大切な言葉。今でも、仕事をする上で一番大切にしています。

これを考えて仕事をするのと、ただ単に目の前の仕事をこなすのと、社会人として10年、20年経った頃に、前者と後者の差は・・・恐ろしいことになると思いませんか?(笑)

CHAPTER 03. 会社にとって大切なもの

会社にとって一番大切なものは社員

よく、顧客と社員どちらに重きを置いている会社なんですか、という質問を耳にします。これって私にとっては愚問で(笑)

顧客と社員は比較対象じゃないんです。どちらかをより大切にする、という考え方は成り立たない。

ビジネス上、お客様がいないと企業として存在できません。つまり、顧客満足度を意識して、お客様から選ばれる存在になることは、そもそもマストなんです。

でも、会社は社員がいないと、それすらもできません。かといって、社員が1000人いても、お客様から選ばれない1000人であれば、企業活動として成り立ちません。

つまり、どちらに重きを置くかではなく、両方が大切。「顧客を大切にし、顧客、仲間から選ばれる社員がいること」が重要で、どこでも活躍できる社員を育成することが会社の役割です。

顧客からも、仲間からも信頼される存在である、ということは、当然、評価も高く、出来る仕事も多いため、必然的に給与水準も高くなります。

給与が上がり、生活がより安定することは、社員にとっても、その家族にとってもプラスですよね。

我々は、社員もその家族も幸せにしたい。
それが、会社の責任であり、私の責任です。

お客様からも、仲間からも信頼され選ばれる人間になれたとしたら、その社員本人、社員の家族、その社員の周囲の人達は、必ず笑顔でいられると思います。

自分の子供を甘やかして、将来、誰からも選ばれない、信頼されない人にしてしまう

自分の子供をしっかりと育成して、将来、周囲に信頼され、選ばれる人に成長させる

我々は、当然、後者の考え方を大切にしています。

なんか、「親」みたいですね(笑)

TOP
TOP